この会を知っていただくために

当会を知っていただくためにいくつかのテーマを設けてご説明します。このテーマ以外にもご質問がありましたら、お気軽に事務局までお問い合わせください。

この会はいつ頃、どのように設立されたか

昭和53年12月に種苗法による品種登録の制度が始まったものの、各地で育種に取り組んでいた個人育種家には理解と普及がなかなか進まなかったこともあり、育種家の権利を守る制度の普及と活用を図るため、昭和60年に野菜を主体とした育種家10名の発起人会が発足しました。その後、他の育種家にも呼びかけを行い、昭和62年3月6日に会員18名でスタートしました。

平成29年には創立30周年を迎え、現在に至っています。

この会はどんな人たちが運営に携わっているか

当会は個人育種家や種苗関係者が運営を行っています。令和2年度からの新しい執行メンバーをご紹介します。

 

会長       山下 雄(IPEA国際技術士、APEC技術士)

会長代行     山田 茂美(甘藷の育種)

副会長      山下 文吾(シャリンバイの育種)

副会長      林 慎吾(ぶどうの育種)

幹事(書記理事) 瀬戸 啓一郎(りんどうの育種)

会計       川村 一徳(カリブラコワの育種)

会計       笈川 勝之(パンジー・ビオラ等の育種)

理事       大内 幸雄(シクラメンの育種)

理事       萩原 和弘(いちごの育種)

監事       小原 誠(柑橘の育種)

監事       長谷川 康平(シクラメンの育種)

青果物部長    林 慎吾

青果物副部長   角田 ミサ子(いちご・デロスペルマの育種)

花き花木部長   瀬戸 啓一郎

花き花木副部長  荒井 芳夫(ベゴニア・マーガレットの育種)

 

相談役      安藤 淳夫

相談役      金澤 美浩(シクラメン・サイネリア・ラズベリーの育種)

 

顧問       尾崎 道(農林水産省知的財産課長)

顧問       三野 耕治(元農林水産省種苗課長、放送大学客員教授)

顧問       佐藤 和規(ヒデンス・スターチス・シネラリアの育種)

顧問       福井 博一(岐阜大学理事・副学長)

 

事務局      岩澤 弘道(元農林水産省知的財産課審査官)

どのような講演会がされてきたか

年に数回、個人育種家や公的研究機関や種苗会社の育種担当者、学識経験者等をお迎えして講演会を開催しています。令和元年に開催された講演会は以下のような内容です。

 

テーマ1 山形県におけるサクランボの品種改良について

       講師 石黒 亮(山形県園芸試験場研究主幹 バイオ育種部長)

 

テーマ2 柑橘の育種について

       講師 小原 誠(おはら農園園主)

 

テーマ3 カリブラコワの品種育成について

       講師 川村 一徳(ジョルディカワムラ代表)

 

テーマ4 南半球原生植物の生態的育種について

       講師 小林 泰生(株式会社ホルティック取締役)

視察研修会ではどんな場所を訪れたか

会が設立された昭和62年に農林水産省野菜茶業試験場を視察して以来、公的研究試験場や種苗会社の育種施設など毎年視察しています。その中には海外研修なども含まれています。

 

令和元年は静岡県農林技術研究所本所、キャベツ等の育種をされている有限会社石井育種場を訪れました。

育種賞・育種功労賞の対象は

会員に限らず、育成品種を登録されている個人育種家や共同育種者であれば審査委員会への推薦対象者となり得ます。審査委員会は学識経験者等で構成され、会から推薦された育成品種の評価や普及状況・功績等を審査し受賞者の選定を行います。